でも、閉館時間には注意――神奈川県立生命の星・地球博物館 (2)



*本稿は取材先の認可を経て執筆、掲載しています。
ごあんない;

神奈川県立生命の星・地球博物館 公式ホームページ

神奈川県立生命の星・地球博物館 館内マップ
前回の続き、こんどは三階。

ニホンオオカミ ニホンオオカミ 説明
階段を上がってすぐの「神奈川の自然を考える」区画から。
こちらのニホンオオカミは、残念ながら模造標本。
だが、これも一階同様、ガラスでさえぎられていないので
反射で邪魔されずに観察できるのがとても嬉しい。
ジャンボブック 入り口 ジャンボブック
さらに奥へと進むと、高さ三メートルはありそうな巨大な本がたくさん陳列されている。
実はこれ、ジャンボブックという目玉展示のひとつ。
書籍を模した陳列棚の中には、それぞれテーマ別にコレクションがいっぱい、というしかけだ。
ジャンボブック
ジャンボブック ジャンボブック
たとえば、歯についての本はこんな感じ。
見開き二ページを眺めると、ひとつのテーマについておおよその知識が得られるようになっている。
ジャンボブック ジャンボブック
ほかにも「規則はじゅうぶん守っています かたちの不思議 アンモナイト」や「化石の動物園 コレクション」など、
魅力的なコンテンツがいっぱいある。
当日中は再入場可、という制度を利用して、時間の許すかぎり鑑賞しよう。

ただし、閉館は午後4時30分、とちょっと早めなので注意が必要。

home

コラムのトップへ

Copyright (C) White Rabbit Corporation. All rights reserved.