考古学と古生物学って、どう違うの?



考古学者 Archaeologist のイメージといえば
もうすでに、Indiana Jones や吉村作治先生のおかげですっかりおなじみ。
でも、はるかに地味な存在の古生物学者 Paleontologist と混同してはいないだろうか。

そもそも、考古学者と古生物学者って、どう違うの? どっちも土の中から古いものを出すんだから、おんなじなんじゃない?

……という疑念はごもっとも。
というわけで、今回はこのふたつの研究分野がどう違っているのか、
ひとめでわかる図を用意してみた;
考古学 古生物学 違い 研究分野

かんたんにいえば;

 人間を扱うのが考古学、
 人間以外を扱うのが古生物学。

 なにか発掘したとき「出土」というのが考古学、
 「産出」yield というのが古生物学。

 数千年単位で考えるのが考古学、
 「数千年? なにそれ見えんの?」っていうのが古生物学。
関連記事;
巨人がつくった石の階段は柱状節理――世界遺産Giant's Causeway(アイルランド)
頭足類とは? ――まさしく海の霊長類
棘皮動物とは? ――海中の五角形なやつら
「ソースは?」というとき、どうする? ――社会人のための論文の探し方(第1回)
web になかったら、街に出よう――社会人のための論文の探し方(第2回)